2010年05月26日

料理関係の本、紹介します。

こんにちは。水上の釜めし 和食処 山水です。


今日は、ある本をご紹介します。

「おいしさをつくる『熱』の科学」 (柴田書店)

熱の科学.jpg
(amazonより)


実はこの本を買う前に「こつの科学」という、昔から伝わる
料理の技法を科学的に解明するという本を読んでいました。

とは言っても堅苦しいわけではなく、例えば「竹の子はなぜ
糠を入れてゆでる?」とか仕込み方は解っていても、じゃあ
なんで?という疑問の答えが書いてあるとても興味深い一冊
です。

その続編ではないのですが、今度は料理の「熱」について書
かれた本が出ているというので読んでみたのがこの「おいし
さをつくる『熱』の科学」なのです。

どんなことが書かれているかを抜粋すると、

「なぜ加熱すると食品が熱くなるのでしょう?」から始まって

「遠赤外線は本当においしく焼けるのか?」

「煮物はたくさん作る方がおいしい、を証明する」

「オーブンの蒸し焼きと蒸し器で蒸す違い」などなど・・。

興味のある方には気になる実験結果が盛りだくさんの内容と
なっています。


まだまだ料理関係の良い本がありますので、また紹介します!



------------------------------------------------------
水上の釜めし 和食処 山水

URL   http://3-sui.com/sansui.html
MAIL   mail_sansui@yahoo.co.jp
ぐるなび http://r.gnavi.co.jp/b860300/
【関連する記事】
posted by 山水の板さん at 14:38| 群馬 ☔| 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
blogram投票ボタン
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。